投稿

最新の投稿

意識的調整とは:自分の影響が及ぶ範囲

リーダーシップを考える上で、「意識的調整」という概念は重要だと思う。
リーダーシップは、目に見えるようで(?)、目に見えない現象である。

「目に見える」と感じるのは、リーダーシップの強さや大きさが、社会的地位、権力や暴力など、今流行りのパワハラなど、自分にかかわってくれば目に見えるどころか、身体で感じるからである。

しかし、その自分が感じた「リーダーシップ」は、だれでも同じように強く感じたり大きく感じたりするだろうか? 自分が痛い思いをする「自分事」ならリーダーシップは「目に見える」、しかし、自分が傍観者で他人事ならリーダーシップは「目に見えない」。

そこで、「意識的調整」という概念を考えてみる。


組織の境界と構造

リーダーシップは「働きかけ」であると、行動科学ではとらえられているので、働きかける「範囲」を前提としている。この範囲を、働きかけの影響が及ぶ「組織」ととらえることができる。

その「組織」を定義するために、「組織」の内側と外側をどのようにとらえるか。組織の内側と外側を区別する「組織の境界」について、次のような考え方がある。

オープンシステムとしての組織の特徴としての3つの主要な考え方(桑田&田尾,1998):
厳密な組織概念における環境: 組織に影響を与えるすべての参加者、その他の行動主体、諸要因は組織にとって環境を構成する。組織は参加者が提供する行動のシステムであり、参加者は組織に含まれない。ドメインとしての境界: 組織均衡に参加する参加者、参加者から組織が受け取る貢献、組織が参加者に支払う誘因という3つの要素によって決定される空間がドメインと定義される。意識的調整の及ぶ範囲としての境界: 意識的調整が及ぶ範囲を内部環境、その範囲外にある諸要因を外部環境とする考え方。(例)企業組織に貢献活動を提供する参加者は、投資家(株式会社や証券市場のような制度的クッション)、労働者(雇用契約という権威関係にもとづく安定的な取引関係)、供給業者(市場を介すので外部環境として扱われるが、特異性が高いため不完全競争市場である場合が多い)、顧客(意識的調整範囲外の外部環境)である。 境界の決定は、
組織と利害関係者との関係を決めることであり、組織と環境の制度的境界を決定することであり、どのようなメカニズムで資源取引が調整されるのかを決めることであり、市場メカニズムか階層的権限関…

世の中にもの申す多様な専門家コミュニティ@Researchmap

「世の中にもの申す」と微かな声をあげて、気がつけばもう10年以上・・・
この動きは全然進んでいませんでした。

今年に入って、長年の仲間である橋本さんから、「世の中にもの申す」活動やりましょう!というお言葉をいただき、「え、そうなの? やりたい人いるの?」という感じで、再スタートしました。

これからオープニングメンバーが固まってくると思います。
「興味ある!!」という方、ぜひともご参加よろしくお願いします。

世の中にもの申す多様な専門家コミュニティ
概要
※Researchmapご登録の招待メールご希望の方は、こちらまでご連絡よろしくお願いします。

仕事も人間関係をうまく進めるリーダーシップを探ろう!

イメージ
進化する教科書プロジェクト第一弾、等身大のリーダーシップ↓
http://uls-elaforum.blogspot.jp/2018/03/blog-post_28.html

仕事も人間関係をうまく進めるリーダーシップを探ろう! だれもが使える等身大のリーダーシップ、世界1400万人が学習した行動科学と状況対応リーダーシップ®で学習

在宅介護のリーダーシップ

イメージ
在宅介護とリーダーシップ?
まったく関係ない、と思われそうですが・・・
リーダーシップ、特にセルフリーダーシップ、これが結構うまくいっている秘訣だと、日々感じています。

十数年前に実母を、現在は義母を在宅介護しています。
十数年前はまだ若かったけれど末期がんで要介護5だった実母、現在は90歳になろうとしている要介護1の義母。日常生活の介護や話したり歩いたりすることのリハビリが必要ですが、食欲はあり体調は安定しています。

リーダーシップ、特に状況対応リーダーシップ®の解説でよく使う図があります。
リーダーシップを発揮する方向は、一方向だけではない、多方向だということを説明するときの図が下図です。

リーダーシップと聞くと、おそらく上司が部下にとか、影響力のある大物が受け身の者に対して発揮する権威や力だと受け取られると思いますが、本来の定義ではそれだけではありません。
簡単に言えば、だれかがだれかになにかをしてほしいときに「働きかけること」、これがリーダーシップの基本的な定義です。
上の図を現在の「在宅介護のリーダーシップ」に当てはめてみます。 まず、お世話になっている方々をリストします。
なにより中心になって助けていただいているケアマネジャーさん、日々の生活をサポートしてくれるヘルパーさんたち、リハビリや入浴を助けてくれるデイサービス、緊急時にも対応してくれる病院や訪問診療の先生や看護師さんたち、短期出張のときにお世話になるショートステイ、そして長期海外出張の多いわたしたちに必要なロングスティ・・・ そしてなにより家族や親族・・・ 実母は十数年前に亡くなっていますが、妹弟たちもサポートしてくれ最期まで在宅介護できました。長い間実家を守ってきた母が最期まで実家にいられたことはよかったんじゃないかなと思っています。
義母は日常生活の介護やリハビリが必要ですが、現在のやり方ですくなくとも現状維持していると思います。よく見ると、2,3ヶ月前に転倒して動けなくなっていたときより、動けているように思います。
在宅介護に必要なことは、自分をしっかり保つこと、そのために「必要なことができる体制を整えること」だと感じています。
案外陥りやすい罠は、人の目を気にして、もっと介護しなくちゃ、無理してでもわたしがやらなくちゃ・・・と思うことかなと思います。確かに現実を考えると、そんな罠に何度…

研修ゲーム実施後のフィードバック討議を行って感じたこと

イメージ
先日、ある勉強会で、研修ゲーム実施後のフィードバック討議を行って感じたこと。

通常は研修ゲームごとに、どんなことを学習するかのねらいを定めて、フィードバック討議では、討議項目をいくつかリストしたシートを参加者たちに配布し討議してもらっています。

どんなことを学習してもらいたいのかを決めているファシリテータもいれば、自然に湧き上がってくることに気づいてもらおうというファシリテータもいるので、フィードバック討議の進め方はファシリテータによっていろいろです。


あるベテランのファシリテータから、「研修ゲーム中に起こったこと、行動したこと、反応したことは、ゲームのなかだけではなく、実際の職場でも実は起こっていること、行動していること、反応していることです。同じ人間がやっているわけですから」という指摘がありました。

確かにそうだと思いました。単なるゲームよね、と思ってスタートするのですが、やっている最中に案外本気になっていたりします。本気になるからこそ、研修ゲーム後のフィードバックでは重要な気づきや発見があるのだと思います。

その勉強会では、参加者の立場でフィードバック討議をしながら感じたことがありました。研修ゲームごとにねらいは確かにあるのですが、どんな研修ゲームでも、人間活動や協働活動にかかせないコミュニケーション、リーダーシップ、コンフリクト、マネジメントについての気づきや発見はあると。

どこにフォーカスを当ててフィードバックするかが異なるのであって、気づこうと思えば、発見しようと思えば、いろいろ出てきます。数日後に「あ・・・」と思うこともあります。

だからフィードバック討議には時間がかかるし、掘り下げる質問に工夫が必要だなと。研修ゲームを単なるゲームを終わらせない、職場で役立つ体験にするには、フィードバック討議で何を得るかが重要。 コミュニケーションもリーダーシップもコンフリクトもマネジメントもいろいろな学問や知見があります。それを教えるのではなく、体験から問題意識をもってもらう、気づいてもらう、そのためには「考えてもらう」必要があります。 「思考を促す質問」リストを作る、これが研修ゲームのキモだなと。

**************** 研修ゲーム体験 公開勉強会:2017年12月16日(土)
●●●「だれもがリーダー(ユビキタス・リーダーシップ)」を体験しよう●●●
研修ゲ…

周りと自分の「やる気」を引き出すリーダーシップ <周り編>

イメージ
やる気を引き出すにはどうすれば良いか?
リーダーシップ研究アカデミー ラーニング講座では、進化する教科書チームで出版した「12のリーダーシップストーリー、課題は状況対応リーダーシップ®で乗り切れ」を使って、自分のやる気をどう引き出すか、周りのやる気をどう引き出すかを学習します。

やり方だけを教わるハウツーの学習ではなく、わたしたちの動機や欲求がどう行動に結びつくのか、その因果関係を学習しながら「やる気を引き出す」方法を考えます。因果関係をつかめれば、どのような場面でも「やる気の引き出し方」を自分で導き出すことができます。

この考え方は行動科学と呼ばれますが、行動科学を知ることはひとつの財産になります。


この学習ノートを作るきっかきになったある勉強会で・・・

2017年4月25日(火)午後、ある勉強会で「12のリーダーシップストーリー、課題は状況対応リーダーシップ®で乗り切れ(以下、12LSと略します)」を使ってリーダーの方々のお悩みを話し合う機会をいただきました。

事前に「リーダーのお悩み」として参加者の方々からエピソードをいただきました。それを、12LSで解説されているリーダーシップ地図®とリーダーシップ診断項目表を使って、解決案を考えてみることにしました。




さて、まずひとつめの「リーダーとしてのお悩み(1)」です。現場の生々しい? 生き生きとしたお悩みです。
============
リーダーとしてのお悩み(1):見積はだれが作った?
ご自分の立場:プロジェクトリーダー(女 30代)
悩んでいる相手:自分の上司(男 40代)

以前、あるプロジェクトで見積もりをしたところ、上司から「これは高すぎるだろう!もっと安くできないの?これでは受注できないよ。」と言われました。
当時のわたしは見積もりの根拠を説明しましたが、それに納得してもらえず、かといって、受注できないのはまずいと思い、結局、上司が言う通り、根拠なく2割減で見積もりを出して案件を受注しました。

しかし、結局当初見積もっていた程度の工数が必要になってしまい、赤字を出してしまいました。
それに対して、上司は、途中でフォローしてくれるどころか、「何故もっとうまくやれないのか?見積もりしたのはあなたでしょ。」とハシゴを外されてしまいました。

プロジェクトの状況は毎週報告していましたし、上司は顧客とも長いお付き合いがある…

「立場が逆なら同じことをしてもらっていたはずです」、安心できるリーダーシップ

イメージ
「立場が逆なら同じことをしてもらっていたはずです」
​リーダーシップの​重要な要素だと思う。

​「内包的な自分」の発想がやっぱり必要と実感。​安心できるリーダーシップ​


​【「優れたリーダーには「安心感」をおぼえる。なぜか? サイモン・シネック氏が、”リーダーシップの真髄”に迫る」より​】​
http://logmi.jp/37549

​​●軍隊では、他の者のために自分を犠牲にする兵士に勲章が与えられます。ビジネスの世界では、自分の利益のために他人を犠牲にする人間がボーナスをもらいます。まるで逆なんです。

​●こうした人たちはどういうところに生まれるのだろうか。・・・後になって分かったのですが、環境なのです。

​●​仲間と一緒にいることで安心を実感できれば、信頼と協調は自然に生まれます。

​●世間は危険に満ちています。生活の邪魔をしたり、成功を阻んだり、成功の機会を奪ったり。経済の浮き沈み、不安定な株式市場などもそうですし、あなたの会社が採用しているビジネスモデルを一夜にして旧式なものにしてしまう新しいテクノロジーも脅威です。

​●環境によっては、私たちは時間と労力を費やして、お互いから身を守らざるを得ません。そうなると、組織としての力は必然的に弱まります。組織の中で安心を感じていられたら、私たちは才能と力を合わせて疲れも知らずに働き、外的な危険に向き合って、チャンスをものにしようとするはずです。

​●家計が苦しいからと言って、子供の1人を解雇しようと考える親はいますか、と言っています。そんなことをする親はいません。それなのにどうして、組織になったらメンバーを解雇するという発想が出てくるのでしょう? 

​●​法外な給料やボーナスをもらっている銀行のCEOなどに対して、・・・こうした人たちは、自身の利益を守るためなら従業員が犠牲になってもしょうがないと考えます。

​●​リーダーシップとは選択です。地位ではありません。・・・自分の左にいる人のことも右にいる人のことも、面倒を見ると決めた人たちです。こういう人たちこそリーダーなのです。

​●最初に行動を起こす人を私たちはリーダーと呼びます。誰よりも率先してリスクを引き受ける人たちです。そういう人たちのことを私たちがリーダーと呼ぶのは、部下が安全に
​​保護された状態で、得るものがあるようにと自らが犠牲になることを選択するから…

リーダーシップとコーチングを考える:リーダーシップは成功と効果性、 コーチングは未来と可能性

イメージ
リーダーシップは成功と効果性 コーチングは未来と可能性


キーワードは・・・

リーダーシップとコーチングの相違点
心の構造
行動モデル
組織レディネス
コーチの役割
「なぜ」の深掘り
「内包的な自分」
「存在層」と自分アジェンダ®
「12のリーダーシップストーリー」を使って解説

「リーダーシップとコーチングを考える」スライドシェア
http://www.slideshare.net/ULSCLSJapan/ss-71070397



リーダーシップとコーチングの定義は・・・
リーダーシップ(リーディング)は、「現在進行中の作業そのものの遂行の仕方について指導すること」、簡単にいうと「現在の行動をリード(指導)すること」。 ⇒キーワード「リードする」
コーチングは、「作業遂行のための知識や技能について教えること」、つまり簡単にいうと「これから使う知識や技能について教えること」。 ⇒キーワード「教える」、これから先の未来に必要な知識や技能を・・・
ついでにカウンセリングは、「仕事やキャリアパスへの興味や関心に関して、相談に応じること」 ⇒キーワード「相談に応じる」、これから先の未来についての興味や関心に関して・・・