投稿

9月, 2012の投稿を表示しています

状況対応リーダーシップ®(S.L.理論®)による「S.L. セルフ」のすすめ

イメージ
気持ちいい状態、納得している状態とは?
いろいろ口実を言わないでいい状態とは?

自分が安心でき落ち着く状態はどんな状態でしょうか。



「行動科学入門」(生産性出版)第3章より抜粋 本当の意味でやる気がでるときとは、どんなときだろうか?楽しいことをやるとき、気持ちいいことをやるとき、「やりたいと思ったこと」をやるとき、やる気は出てくる。自分で「やりたいと思ったこと」をやるときは、どんなに小さなことでも、充実感があり、満足感を得られる。満足とは、欲求が満たされたときに感じる気持ちである。自分を満足させるには、なにかを達成するたびに「達成した」と充実した感情を感じることが大事である。そのためには、どんなに小さなことでも自分の「個人目標」をひとつひとつ意識することが役立つ。ひとつひとつの個人目標を意識していると、それぞれを達成するたびに満足感や充実感が得られる。このような“自己満足”の積み重ねは、同時に、「達成した」自分に対する評価を高めてくれる。 ところで、「やりたいと思ったこと」という表現は誤解をうけるかもしれない。これは、リーダーシップ研究の枠組みでいえば、ビジョンにあたる部分であり、行動科学ではあまり内容に踏み込んで説明されない部分である。先に説明した VTR モデルでいえば、「ビジョン、使命、方向性アイディア」などの「どこをめざすのか」にあたる部分である。状況対応リーダーシップ・モデルでは、「やりたいと思ったこと」がどのようなものであるべきかを示す説明として、「要求ではなく必要性」という表現を使っている。いいかえれば、見境なく好きなことだけ、やりたいけことだけをめざすのではなく、自分に必要なこと、課せられたことは何かを見極めてめざすということを意味している。たとえば、食事をするとき、好きだからといって気の向くままに甘いものだけ、脂分の多いものだけ食べるというのではなく、自分の身体にいいもの、必要なものを見極めて食べる必要があるということである。 S.L. セルフで、「やりたいと思ったこと」という場合は、自分が成長したり、満足感や充実感を感じるのに必要なこと、そのために自分に課せられたことなどを意味しており、いいかえれば「自分の“ために ” やるべきこと」であると理解していただきたい。 さて、序章で「組織目標のとらえ方」について考えた。同じ「組織に所属する」という…