仕事も人間関係をうまく進めるリーダーシップを探ろう!

進化する教科書プロジェクト第一弾、等身大のリーダーシップ↓
http://uls-elaforum.blogspot.jp/2018/03/blog-post_28.html

仕事も人間関係をうまく進めるリーダーシップを探ろう!

だれもが使える等身大のリーダーシップ、世界1400万人が学習した行動科学と状況対応リーダーシップ®で学習

learn

こんなことを学びます

【リーダーシップ研究アカデミー公開勉強会】
テキスト「12のリーダーシップストーリー」(http://goo.gl/EwNbzn)を使って。

リーダーシップ研究アカデミーは、使えるリーダーシップを学び、新しいリーダーシップを考えていこうという仲間の集まりです。一方的に学ぶだけではなく、お互いに学び、教え、共有し、創造していく研究会でありたいと思っています。

公開勉強会では、すでに行動科学の領域で有効性が証明されている状況対応リーダーシップ®と行動科学の理論を使います。これらの考え方は、テキスト「12のリーダーシップストーリー」でわかりやすく解説されています。

事前にテキスト「12のリーダーシップストーリー」を読んできていただきますが、行動科学や状況対応リーダーシップ®の基礎をしっかり学びたい方は本アカデミーのラーニング講座などを受講してください(必須ではありません)。


【リーダーシップとマネジメントを学ぶラーニング講座】
状況対応リーダーシップ®は、シンプルで覚えやすく、まさに「今日から使えるリーダーシップ・スキル」です。しかしシンプルな分、応用範囲が広く、実際に使ってみようとすると、「この場合はどうしたらいいんだろう・・・」と迷ってしまいます。

エクゼクティブ・コーチングで著名なマーシャル・ゴールドスミス氏も以下のように述べています。
「コーチングの成功にとって重要な要素は、コーチされる人そのものではなく、その人が置かれた状況やタスクによって変わる‎レディネス‬・レベルであり、その人のレディネスを診断し、レディネスにあうスタイルを選ぶこと、これは理にかなったことですが、実際にはあまり行われていません。」


ビデオ日本語訳:エクゼクティブコーチング で著名なマーシャルゴールドスミス 氏からのメッセージ、「Situational Leadership®(状況対応リーダーシップ)」およびCLSアメリカ本部創業者ポールハーシィ について
===
ポール・ハーシィは、実に偉大なメンターであり、わたしのキャリア人生で使ってきた多くのことを教えてくれました。リーダーシップの領域では、彼は間違いなくもっとも偉大な思想家のひとりです。

状況対応リーダーシップ®は「体系化された常識」だと言われますが、長年使ってきて驚くのは、だれも状況対応リーダーシップ®について反論できない、それほど理にかなっているということです。

まさに、この世でもっとも実用的なリーダーシップモデル だと思います。

このモデルは長い人生でずっと使っていくことができるもので、どのレベルのリーダーにとっても有効です。このモデルを知り理解することは、第一線の監督者やCEO、その他すべての人にとって役立ちます。

コーチングの成功にとって重要な要素は、コーチされる人そのものではなく、その人が置かれた状況やタスクによって変わるレディネス・レベルであり、その人のレディネスを診断し、レディネスにあうスタイルを選ぶこと、これは理にかなったことですが、実際にはあまり行われていません。

わたしたちは、程度の差はあっても、だれでもリーダーシップを必要とします。程度の差はあっても、だれでも方向付けの方法を必要とします。そうしようとすることで、人生はよりよくなります。

ポールが作ってきたものをそのまま維持するだけではなく、新しい方法や異なる方法で広めるというすばらしい仕事をされているCLSのみなさんに敬意を表します。
===

勉強会では、状況対応リーダーシップ®診断表を使って、現在の自分のリーダーシップがどのようなものかを実感します。

そして、テキスト「12のリーダーシップストーリー」を使って、どんなときにどんなリーダーシップが有効なのか考えます。
 ・あなたの上司がとっているリーダーシップは?
 ・あなたの同僚がとっているリーダーシップは?
 ・あなたの部下がとっているリーダーシップは?
 ・あなたが知っている○○がとっているリーダーシップは?

「12のリーダーシップストーリー」を学習することで、いろいろな状況でいろいろなリーダーシップがあることがわかります。

他の人たちのリーダーシップストーリーの後は、自分のリーダーシップストーリー®を作ってみましょう。
 ●過去のストーリー
 ●現在進行形のストーリー
 ●こうだったらいいなという希望のストーリー

最初に、過去、または現在のリーダーシップストーリー®を思い出してみましょう。
状況対応リーダーシップ®モデルでとらえると、どのようにフィードバックできるでしょうか?

「もし同じような状況で今度は違うリーダーシップをとるとしたら、どのようなリーダーシップをとりますか?」

状況対応リーダーシップ®や行動科学を学習した仲間たちで、どんなことがうまくいったか、どんなことに気づいたか情報共有します。

自分の未来の希望のリーダーシップストーリー®も考えてみましょう。

リーダーシップの学習は、講座を受講して終わりではありません。日々の生活であり、人生において常に起こっていることです。ちょっとしたヒントを知り、練習し、学習を続けることで、仕事が楽になり、人間関係がスムースになり、人生全体が気持よくなります。

参加ご希望日 *

5/12 (土) 9:30AM - 12:00PM

6/9 (土) 9:30AM - 12:00PM

7/7 (土) 9:30AM - 12:00PM
お申込はこちら


【学習形式】
 ・リーダーシップ診断
 ・研修ゲーム
 ・グループストーリーテリング
 ・インターネット上でのディスカッションや仲間同士のフィードバック
 ・その他

*状況対応リーダーシップ®およびS.L.理論®は株式会社AMIが管理している登録商標です。自分アジェンダ®、リーダーシップ地図®、リーダーシップストーリー®、およびS.L.セルフ®は株式会社AMIの登録商標です。
*Situational Leadership®is a registered trademark of the Center for Leadership Studies.

コメント

このブログの人気の投稿

周りと自分の「やる気」を引き出すリーダーシップ <周り編>

たかが認定証、されど認定証・・・?

複数リーダーのチームリーダーシップ