キャリア開発と状況対応リーダーシップ®(S.L.理論®)


キャリア開発と状況対応リーダーシップ®(S.L.理論®)

「リーダーとフォロワーの浮揚するエネルギー間の無駄な摩擦を取り除く最も効果的な方法が、状況対応リーダーシップ®(S.L.理論®)」、この解説は、とてもイメージしやすく、効果がよく見えます。


*****************
「組織」といっても具体的な姿があるわけではなく、現実には「上司」「管理職」が該当します。上司と部下でこのスパイラルを創りだすのです。スパイラルは自動的に起きるものではなく、この世の中のすべての物事がそうであるように、そこにはエネルギーが必要になります。

部下の成長欲求、そして上司、組織の成長欲求がその源泉です。双方にエネルギーがなければ円運動は起こりません。

さらに、円運動が起こっていても成長の方向性、つまり個人にとってはキャリアゴール、組織(上司)にとっては経営ビジョンが不可欠です。それがなければ円運動は浮揚せず、その場をただくるくると回り続けているだけになってしまうでしょう。

浮揚のための双方のエネルギーをロスなく活用するためには、無駄な摩擦を取り除くさまざまな工夫が、部下にも上司にも必要です。

その最も効果的なものが第7の扉でも取り上げているS.L.理論®/状況対応リーダーシップ®です。適切なリーダーシップの発揮が無駄な摩擦の発生を防ぎ、弾みをつける役割を果たします。

「キャリア開発24の扉」(小野田博之編著、生産性出版)p.171より抜粋


コメント

このブログの人気の投稿

周りと自分の「やる気」を引き出すリーダーシップ <周り編>

たかが認定証、されど認定証・・・?

複数リーダーのチームリーダーシップ