キャリア・アンカー:内的キャリアと自分アジェンダ®

キャリア・アンカー:内的キャリアと自分アジェンダ®

「実践と創造のリーダーシップ」は、「自分アジェンダ®」という概念に基づいています。
小野田さんの内的キャリア(INNER MOST)を読んで、共通するものを感じました。

「自分アジェンダ®」とは、人生のビジョン、目標、なすべきことに通じるものですが、そういった理性的なものだけではありません。より深層の、自分ですら気づいていない、奥の奥の使命感のようなもの、理性では抑制されているのに、やらないでおくと潜在的に不足感がたまってくるような、そういった「深層レベルでの欲求」としてとらえています。

「自分アジェンダ®のリーダーシップ」とは、このような深層レベルでの「自分の存在の意味」にしたがい、自分のネットワークを創りだし、創意工夫と試行錯誤を繰り返し、自分アジェンダを達成しようというリーダーシップ、を意味しています。

自分アジェンダ®について
http://www.e-uls.org/520/jibun-ajenda-toiu-jinsei-bijon


実践と創造のリーダーシップ(ELA)研究会より



「キャリア開発24の扉」(小野田博之編著、生産性出版)pp.204-205より抜粋 *****************
・・・「心からやりたいと思う」(Motives)し、「きちんとやれる」(Competencies)、「やる意味があると心から感じる」(Values)という3つの点で腑に落ちた感じが得られ、人にも説明できるようになるのです。

「そんなものわからなくてもいいんじゃないの?」という声もあるかもしれません。わからないといけなわけではありません。しかしわかっていたほうが働く上での手応え、働きがいややりがいを得る可能性は格段に高くなるということはいえると思います。

・・・
ところで、第16の扉の8つのカテゴリーのさらにコアの部分に「内的キャリア」と改めて書いてあります。キャリア・アンカーだけが内的キャリアなのではなく、さらに奥底に何かがまだ残っている(INNER MOST)ということを示しています。キャリア・アンカーですべてを言い尽くしているというわけではないということなのです。では、なにがあるのでしょうか? 解明が待たれている部分であり、非常に楽しみな部分です。
*****************

コメント

このブログの人気の投稿

周りと自分の「やる気」を引き出すリーダーシップ <周り編>

たかが認定証、されど認定証・・・?

複数リーダーのチームリーダーシップ