投稿

11月, 2013の投稿を表示しています

進化する教科書<リーダーシップ」を創ろう!プロジェクト、進んでいます・・・

イメージ
キーワード1「進化する」
これは、作ったら終わりではないという意味です。
いったん作っても、世の中は変わるし、その後加筆修正したいことが出てきますので、edition(版)を重ねていきたいという意思です。

40年ものロングセラーである「入門から応用へ 行動科学の展開」(生産性出版、2001年)、これくらい息の長い「リーダーシップ」の教科書を創りたいと思っています。

「入門から応用へ 行動科学の展開」は、日本ではまだ数回しか改訂されていませんが、原書は第10版です。基本の内容は変わりませんが、環境の変化にあわせて読者がどのように行動科学や状況対応リーダーシップ®を活用できるかを解説しています。


キーワード2「教科書」
なぜ「教科書」か、なぜ書籍ではないのか?
リーダーシップ研究大学で創りたい「リーダーシップ」は、20世紀型の成功する経営者、マスコミが騒ぐビッグネームなどなど、ピラミッドの頂点に位置する一部のリーダーではなく、わたしたち自身、わたしたちのすぐそばにいる、あなた、わたしというふつうの人のリーダーシップです。

そんなリーダーシップを説明する教科書は、まだありません。
そういう教科書を創りたいと思っています。

進化する教科書<リーダーシップ」を創ろう!プロジェクト
http://www.e-uls.org/ela/403




キーワード3「リーダーシップ」
リーダーシップは、使い古された言葉、誰もがその人なりの定義をもっている言葉。

実社会で”成功、不成功”というレッテルを貼られて、多くの人が「リーダーシップはこういうものなんだ」を思い込まされている姿。

案外、「リーダーシップ」ではなく、他の言葉でこの事象を説明したいと思っている人たちが多いかもしれません。

リーダーシップ研究大学University of Leadership Studies)に関わってくださる方々のなかにも、異なる表現で、リーダーシップ現象を説明しようとしている方々はたくさんいらっしゃいます。わたしもその一人です。

進化する教科書<リーダーシップ」を創ろう!プロジェクト(略称:教科書プロジェクト)では、その試みを実践しています。

この度、教科書プロジェクトでは、メンバーの意気込みを聞きました。その一部をご紹介します。

===
今回の「進化する教科書<リーダーシップ>を創ろう!プロジェクト(略称:教科…